部下を“やる気”にさせる「人を動かす3原則」を伝授!
「やってみせ、行って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば、人は動かじ」…お馴染みの山本五十六元帥のお言葉。やってみせるとは何か?誉めるとは何か?そして、本来の指導とは…、その正しいやり方を知らなければ部下は育たない!部下 育成の“真髄”を知る。管理者の任務・役割の再認識と管理者にとって最も大事な“自覚”を醸成するためのプログラムです。

管理者としての“自覚”があれば、指導力を学べる書籍は山ほどあります…。そもそも、部下を指導・育成する意識がなければ、その“自覚”を醸成しなければなりません。部下を指導・育成する意識があっても、具体的に部下の指導・育成方法を知らなければ、その正しい方法を学ばなければなりません。本研修では、管理職にとって必要な「知識」を体系立てて学ぶことのできる座学はもちろんのこと、人を動かすためのリーダーシップ「人を動かす3原則」を中心に、何度も繰り返し“トレーニング”を行い「正しい指導力」を身につけていただく現場実践型のリーダーシップ開発プログラムです。「管理者の任務・役割」「組織コミュニケーション理論」「部下育成論」を学び、自らの組織開発、部下の指導・育成能力を高め、大切な部下を“プロのビジネスパーソン”へと育てることのできる信頼される管理者・リーダーの育成を目指します。

経営者/幹部/管理職、リーダーを目指す方、指導力をつけたい方

1社向け/1~5日間(応相談)

【主な研修項目】※1日研修
1.仕事の5原則
2.管理者の任務・役割
3.リーダーシップ
4.組織コミュニケーション理論
5.部下育成論(人を動かす3原則)

◆オプション項目
1.プロの条件(育成すべき人材像の明確化)
2.礼儀の重要性
3.基本動作
4.仕事の3要素
5.報告の重要性(報告のあり方)
6.仕事の受け方(レクチャー)
7.正しい仕事の受け方(ロールプレイング)
8.信賞必罰の重要性
9.誉める(レクチャー)
10.正しい誉め方(ロールプレイング)
11.悪所矯正法7段階
12.注意する(レクチャー)
13.正しい注意の仕方(ロールプレイング)
14.目指すべきリーダー像
15.人を育てる9つのポイント
※カスタマイズにつきましては、お問い合わせください。

​プログラムの詳細などついては、お気軽にご相談、ご質問くださいませ。